編入試験に有効な対策

 

編入試験に有効な対策は大きく2つです。

まずは大学の授業、特に専門科目をしっかりと受けておくことです。

編入試験の専門科目は大学の入門科目程度の内容で出題されます。

そして入門科目の内容はどの大学でもほとんど同じです(しかし、特殊な専門科目は除く)。

ですから、自分が今いる大学の専門科目は編入試験にしっかり役立ちます。

今いる大学が嫌いな人も、我慢して授業をしっかりと受けましょう。

授業をペースメーカーとして編入試験に合格するだけの知識を身につけましょう。

 

 

2つ目に英語を毎日勉強することです。

編入試験では、どの大学でも英語が試験科目として課せられています。

専門科目では点数の差が付きにくいことが多いですから、英語は満点を狙う気で行きましょう。

特に上位大に編入したければ入学後に英語が出来なければ授業についていけなくなりますので英語だけはしっかりとやっておきましょう。

詳しくは大学編入の勉強法で紹介しています。

こちらの記事も読んでみてください

サブコンテンツ

このページの先頭へ