編入後の生活

 

編入後の生活は忙しいの一言に尽きます。

 

 

前の大学の単位は持ち越せますが、それでも足りない分が多く、編入先で急いで履修しなければいけません。

私は3年次編入でしたが、編入後は毎学フル単(履修制限の最上限の単位を取る事)でした。

それでも卒業はギリギリでしたから、編入を目指す人は忙しさは覚悟した方がいいでしょう。

 

 

また、就活もすぐに始まります。

フル単の生活で就活は非常に疲れました。

朝大学に行って、昼に企業の面接で大学を抜けて、夕方に大学にまた戻って授業という生活を続けていました。

家に帰ってもESを書きつつ大学のレポートを終わらせ、かつ明日の授業の課題を終わらすという毎日でした。

今思えばそれもいい経験でしたが、当時は毎日泣きたかった記憶がありました。

 

しかし、編入後に手に入れた学歴を考えれば、そんなものは取るに足らない苦労でした。

 

 

もし編入を考えている人は、休む暇がないほどの忙しさを覚悟してください。

この覚悟がない人は編入はするべきではありません。
 

こちらの記事も読んでみてください

サブコンテンツ

このページの先頭へ