大学編入という看板を背負うこと

久しぶりに更新します。

このブログでは、私が大学に編入し、無事に就職するまでを紹介していきました。

 

私は今、普通にサラリーマンとして働いていますが、やはり「編入」という看板を背負っていますから、普通の人とは対応が違う気がします。

 

例えば、

「お前どこ卒?」

「◯◯大学だよ」

「おーすごいな!現役で入ったの?」

 

「いや、編入です」

「あ、そうなんだ」

 

と、やはり一般生とは違った印象を与え、少し肩身が狭い思いをすることが多いです。

 

つまり、編入に成功すると

「有名な大学卒」

という看板を背負うことはできますが、

「編入で」

という看板も一生背負うことになるのです。

 

これから編入をするという覚悟を決めた人は、この当たり前の事実をかならず覚えていてください。

 

安易に「編入すれば人生がばら色」

という妄想を抱いて編入してしまうと、あとあと

「こんなはずじゃなかった」

と後悔する可能性がありますので。

 

 

こちらの記事も読んでみてください

サブコンテンツ

このページの先頭へ