友達に編入試験を受けることを話すべきか

 

編入を決意して、大学の友達にその意思を伝えるべきなのでしょうか。

ハッキリ言います。

 

言うべきではありません。

 

本当の親友(話は絶対に秘密にしてくれる)などがいる場合は別ですが、大学のクラスが一緒程度の友達、サークルが同じ程度の友達には絶対に話すべきではありません。

なぜなら、一度話すと噂が一気に広がるからです。

 

実は私は、必修のクラスが同じだった友達何人かに編入の事を話してしまいました。

すると、あれよあれよと私の噂が広まり、道端で私に会うたびに編入の話題になるようになりました。

そして、そのような話をしてくる人の中には編入の事で馬鹿にしてくる人がたくさんいます。

 

「コンプレックスの塊だな」

 

「一度Fランの看板を背負ってしまったら編入なんて無理だよ」

 

この様な言葉を何度もかけられました。

だんだん対処に面倒になって、また、このような事を言われるのがストレスとなってしまい、ほとんどの大学の友人との付き合いをやめました。

そしてかなり孤独な毎日を送ることになりました。

 

みなさんは、絶対にこの様な事態にならないように気を付けてください。

ハッキリ言ってしまうと、Fランと呼ばれる大学内にはあなたと同じように学歴コンプレックスで悩んでいる人がたくさんいます。

そして、そのような人が編入で上位大学に目指そうとしている人にやさしい言葉をかけてくれるでしょうか。

 

いえ、引きずり落としたいと思っているに違いありません。

編入を決めたなら、このことは覚悟してください。

もし、何も言わずに編入を決めて、友達を裏切るなんて嫌だと思っている人は編入なんてするもんじゃありません。

編入は学歴コンプレックス達からの反感を買うだけです。
 

こちらの記事も読んでみてください

サブコンテンツ

このページの先頭へ