バカだった僕が難関大学の編入試験に合格できた最大の理由

私は自己紹介のページで紹介した通り、元はFラン大学出身の田舎者です。

はっきり言って頭は良くはないと思います。

 

Fラン時代はみんなからバカにされて、授業を真面目に受けたくても周りはうるさくて、大学ではDQNに絡まれて本当に辛い想いをしていました。

 

「もうこんな人生は嫌だ。自分の人生を取り戻したい。バカにしてきた奴らを見返してやりたい」

 

そんな想いで私は約10ヶ月にもわたる編入試験の対策を行いました。

 

具体的な対策方法はこのサイトに全てメモしましたが、はっきり言って高校時代にロクに頭を使ってこなかった私には、難関大学の編入試験の勉強は始めはついていけませんでした。

単語を暗記しても

文法を覚えても

経済用語を覚えても

文章の展開方法を身につけても

私の頭からはすぐに消え去ってしまったのです。

 

「このままで本当に有名大学の編入試験には受かるのだろうか」

と、図書館で勉強しながら何度もため息をつきました。

 

そんな時に、見つけたのが「記憶術 新・原口式記憶術」という教材です。

 

 

おそらく、今この教材の名前を聞いた瞬間に皆さんは

「うわぁ、怪しい」

と思ったかと思います。

 

でも安心してください。

私も最初は

「なにこれ!怪しい」

と思いました。

 

しかし、騙されたつもりで見てみると、この教材は「原口證さん」という円周率の暗記でギネス記録を持っている方の記憶術をまとめた教材でした。

この原口さんという方は、ご自身の記憶術をテレビでもよく披露されています。

 

教材を見てみると、誰でも彼の驚異的な記憶方法をマスターできると書かれていました。

「そんなことできるのかなぁ」

と半信半疑だった私でしたが、正直に言うと

「もう自分の頭では絶対に有名大学の編入試験に受かるなんて無理だ」

と思っていたので、無理して買ってみました。

 

 

すると、DVDとテキストがすぐに送られてきたのですが、その指示通りに勉強を進めると、本当に前の自分より暗記力が高まりました。

もちろん、円周率をギネス記録レベルで覚える程度の記憶力にはなりませんでしたが、それでも最低レベルだった自分の脳みそが、受験に耐えれるだけのレベルにまではなりました。

 

これはかなりびっくりしました。

今でも、編入試験の勉強がうまくいったのはこの教材の記憶術のおかげだと思っています。

 

やはり「記憶術」というネーミング上怪しさはあるとは思いますが、私には本当に効果があった教材ですので

「編入試験で有名大学に編入したいけれど自分の頭では絶対に無理!」

という方は是非チェックしてみてください。

 

皆さんも、是非とも今のFラン大学から抜け出して、有名大学への編入の切符を手に入れましょう!

今変わるかで、自分の一生が決まりますよ!

 

こちらの記事も読んでみてください

サブコンテンツ

このページの先頭へ