私が編入を決意した理由

 

「どこ大に通ってるの?」

「○○大学だよ」

「どこだよそこ(笑)もっとマシなところ行けよ(笑)」

 

 

このような会話を何度したことでしょうか。

有名でない大学に行っているというだけでバカにされ、挙句の果てには人間性をも否定される毎日でした。

 

「もうこんな人生は嫌だ、バカにしてきた奴らを見返してやりたい。」

 

そのような思いで、私は大学2年生の春に大学編入を決意しました。

 

約10か月の間必死に勉強し(寝ているとき以外は勉強していました)、私は見事、有名大学の編入試験に合格することができました。

 

 

このブログでは私が大学編入を決意し、見事編入試験に合格するまでの道のりを紹介していきたいと思います。

学歴コンプレックスで悩んでいるみなさん、ぜひとも私に続いてください。

学歴は一生の付き物で、一生バカにされる経歴でもあります。

今行動するかしないかであなたの一生が変わります。
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ